タイヤ発注

画像

気が早いかもしれないけれど、西日本チャレンジ用にタイヤを発注した。

最近は使用していたタイヤは耐パンクに優れているパナレーサー レースtypeDにお世話になっていたけど、レースとなると目的が当然違う。

ということで、レース用にパナレーサー レースtypeAを注文してみた。

重量も230gから210gと軽くなる。

これと同時にビットリア ウルトラライトブチルチューブ(80g)をパナレーサー R-AIRチューブ(66g)に変える予定。

80g - 66g = 14g

20g×2本 + 14g×2本 = 68g

これだけでタイヤの外周が前後で合計68g軽量化できる。

タイヤの外周が軽くなるから、漕ぎ出しが軽くなったりとこの効果はきっと大きいはず。

しかもタイヤはレース用となれば当然グリップ力も向上しているはず。

すぐに使うわけではないけど、今から楽しみでしょうがない。