ツールドおきなわ 2011 市民100km レポ

今年は初めてツールドおきなわに参戦。

画像

カテゴリーは市民100km。

リゾートホテルオクマで宿泊。

4:45起床。

朝食バイキングを済ませて、スタート地点行きのシャトルバスに乗る。

海岸通りに工事区間がいくつもある。

危険な感じ満点…。

この時、なるべく集団の前を位置取りすることを決める。

9:20頃にチャンピオンレースが通過。

鈴木真理選手が逃げていた。

数分後に女子国際がスタート。

その数分後にいよいよ市民100kmスタート。


スタート直後に登りで着いて行けるのか不安だったけど、問題なくクリア。

位置取りも良く、前から20人ぐらいのところで登り切る。

少し後ろで中切れしてたけど、下りでまた集団は一つになる。

下ったあとの平地工事区間を安全にクリアしたかったので、この時少しずつ前まであがる。

工事区間ではスタート前にも注意があったけど、逃げとかが起きないように先導車先頭のペースを制限してた。

まぁ当然だよね。

こんなところが勝負のポイントになっても問題だし。

一度だけ先頭を走ったけど、それだけでも気持ちよかった。

一着でゴールしたら一体どれだけ気持ちいいんだろうか?

海沿いの平地区間を終えて普久川ダムに入る。

このとき前10番ぐらいを位置取る。

登り開始。

ペースもそこそこ上がっても集団内だからついていけている。

ここで僕のツールドおきなわが終わった。

アウターからインナーにギアチェンジをしたタイミングでチェーン落ちる。

やばっ!?

後ろには大集団。

すぐさまアウターに戻してチェーンを復帰させようとしたけど、復帰せず。

コースの真ん中で立ち往生。

大集団はみんな無事に回避したと思い、移動しようとしたが焦ってしまう。

そうこうしているうちに一人と接触して落車させてしまう。

大変申し訳ありませんでした。


気を取り直して、チェーンを戻そうとクランクを回そうとするが回らない。

よく見るとクランクでチェーンが噛んでる。

原因が分かって直してすぐに再スタート。

すでに先頭集団から60秒ぐらい離れたと思う。

一度切れると集団に復帰できるほどの脚を持ち合わせていない。

そうなると当然、集団とペースが違って追いつけない。

気持ちが折れた。

でも後方にも何人か登れそうな一人と人が居てもしかしたら行けるかもしれないと思ったけど、やっぱりペースが違いすぎてお話にならない。

変速ミスは自分に非があるからしょうがないけど、悔しい。

ここから数人の集団を転々としながら進んでいく。

この時は少し余裕もあって下りや平地でガンガン行くもペースアップに乗っかてくれる人が少ない。

後方にいるんだから本来は先頭を目掛けて追いかけなきゃいけないのにね。

そうこうしているうちに自分の非力な脚にもサインが出始める。

左足が攣りそう。

気持ちがハイになって気がつかなかったけど、結構脚を使ってしまっていたみたい。

ローテで先頭になった時に集団のペースを上げようとしてダンシングした途端、ピキッと。

ん、レースはまだ半分だけど最後まで持つのか?

まぁそんな心配をしてもしょうがないので騙し騙し走り続ける。

その後も常に集団を転々としながら進む。

高江の辺りでゼリーの補給が切れる。

予想していたよりかなり早く無くなった。

念の為に持っていたカロリーメイトがあってなんとかセーフ。

少し頭がぼーっとするけど‥。

カロリーメイトは水分が無く、喉を通すのも辛い。

そうは言ってもハンガーノックになったら最後。

そうなる前に補給。

ハピータウンカップの時にも感じていたけど、長距離レースでの補給の大切さを再認識。

最後の羽地ダムの坂までTEAM KIDSの人達と集団(8人ぐらい?)で走る。

この時に自分も含めて脚があまり残ってなく、ローテが機能していない。

先頭に立ってもほとんど引かずに後ろへ流れてくる。

これは良くないと感じ、TEAM KIDSの人が「長い時間引かなくてもいいから、少しでも引くようにしよう」とみんなに促す。

これをきっかけに集団のペースは少しペースアップ。

しかし羽地ダムに入った途端に集団は空中分解した。

やっぱりみんなキツイんだ。

ここであまり無理をし過ぎない程度に一段目を集団から抜けてクリア。

‥したはずだった。

二段目に入るとペースダウン。

その影響が響いて下る時に数人に抜かれる。

一人で下り終わって、58号線に入ってあと少しと思い、カーブを抜けてダンシングした途端に脚が攣る。

今後は両脚。

攣った直後はペダルを回すことさえ出来ない。

地元の人の応援を貰い、なんとかがんばる。

少しずつ回している内に脚も動く様になり、追い風の力も借りながら40km/hぐらいで走る。

58号線はジリ貧な一人にしてはいいペースで走り抜けてラストのゴールに向けて側道に入る。

ここで数人の集団が追いついてくる。

250m

200m

150m

100m

と看板が迫ってくる。

150mぐらいでスプリントが掛かり始める。

そこに紛れてゴールスプリントする。

しかし結果はまたも両脚が攣ってしまい、ゴールスプリントも不発で試合終了。

ちーん。

【結果】
106.54km 3:29:55 30.5km/h 175拍 85rpm 獲得標高1598m 


序盤で切れてしまったから順位は大して良くないので、あまり気にしてなかった。

リザルトを見てみると85位。

確実に100番台を覚悟していたから予想よりは良かったけど、悔いが残るレースだった。

50番は切りたかったな。

普久川ダムでミスしなかったらと、何度もまではあっという間に時間が経ったけど、千切れてからすごく長いレースに感じた。

来年は違ったレースができるように練習を積み重ねよう。

日々精進。


とりあえず、今回の反省点をまとめてみた。

◆反省点◆
ギアチェンジミス
→長い登りに入る時には早めにインナーに落とす(リアがローになっていないこと確認必須)

補給が少なかった
→ゼリー系をもっと大量に持つ

補給を一定時間ごとに取れていなかった
→補給目安時間を設定

色々な経験を積んでそれを糧にまたがんばるきっかけにしよう。

いきなり上手くいかなくても、必ず上手くいくようになる。

失敗の経験を積めたことに感謝感謝。

と自分に言い聞かせておく。


さて、ツールドおきなわが終わってしまい、オフシーズンに突入。

強度を少し落として長めの練習に切り替えていこう。

今年の冬はウェイトアップしないように気をつけよう。

3月の西チャレで登れない身体にならないよ〜に。

レース後に集合写真

画像

自転車

画像