中山クリテリウム 2012

今年で二回目の参加となる中山クリテリウム

とても楽しみにしていた。

みんなが力いっぱい走るレースはやっぱり楽しい。


結果としては・・・


タイムアタックは1分3秒で確か12位。

準決勝A組で7位。

A決勝で落車でDNF。

    • 準決勝--

スタート位置も良く、5〜7番手ぐらいをキープして走る。

20120505120526

主にナスの方が引いていたと思う。

前半は問題なく走れていたけど、ローテに加わっていないが、残り5周ぐらいで少し辛くなってきた。

最終周ぐらいで集団から千切れてしまった。

この辺りから先頭を走ってた人が落車やパンクで自然と順位が上がって7位でゴール。


準決勝で体力をかなり消耗・・・。

なんせ背筋がすごくダルい。

普段いかに使えてないのかを思い知った。

背筋が一杯一杯で上半身に余裕がない。

その関係で腕がつっぱってしまう。

準決勝の後半に後ろから兄ちゃんに肩の力を抜いて!と言われてようやく気がついた・・・。

冷静にならないといけんね。


    • A決勝--(記憶が曖昧なので間違ってるかも・・・)

集団についていけるかな?と最初から弱気。

コーナーでの立ち上がりの度に少しずつ脚を消耗して、早くも6周回ぐらい切れる。

その時ぐらいにヘアピンで先頭集団で落車。

その中に兄ちゃんも軽く巻き込まれている。

見た時、兄ちゃんももう先頭集団についていけないな。と思っていたけど、後ろから凄い勢いで追い上げてくる。

そこに便乗して少し乗っかるけど、もう脚パン。

自分弱すぎ。

また千切れて、後ろから来た3人集団になんとか乗る。

この時点で必死・・・。

そのまま数周回していると、最初のS字コーナーで前輪を滑らせて落車してしまった。

気が付けば、顎から叩きつけられていた。

ちょうど後ろに居たチーム岡山の人も巻き込んでしまった。

相手方を見るとパッと外傷は分からなかったけど、自分のクランクにホイールが突き刺さっていた。

当然、ホイールのスポークが飛んでいた・・・。

後々で考えてみると一杯一杯で集中力が欠落していたと思う。


本当に申し訳ありませんでした。


レースにアクシデントは付き物だから。と言われた時、自分が逆の立場だった時にそういう言葉が出たのか?と考えてしまった。

その後、本部で応急処置をしてもらい病院に行くことを勧められた。

応急処置をしてもらい、A決勝の終盤に兄ちゃんががんばっていたから応援する。

20120505152041

20120505152251


結果5位。

またもや自分との力の差を感じてしまった。

たまには勝たなきゃ!


表彰式を終えて、備前市立備前病院へ。

たまたま外科の先生がおられたので見てもらう。

外傷は顎、鎖骨周辺、左肩、両手、両膝といったところ。

あとは左手の親指と人差し指が付き指したみたいになっている。

この中で酷いのは顎と鎖骨。

顎はぱっくり割れているらしいので、3針縫ってもらった。

右の鎖骨部の表皮が無くなっているらしいので、ここも1針縫ってもらった。

らしいと言うのは、この2箇所とも自分では全く確認できていない。

ま、それはそれで衝撃を受けなくて良かったかな?

無事に治療をしてもらって帰る。


それにしても身体が痛い。

今月はまだこれから毎週イベントがあるのに走れるかいな?


今回の大会を総括すると、体力面も精神面も反省点が多いレースになったと思う。

反省を生かして、また次に向けてがんばろう。


今回の中山クリテの写真をアップしているので、よかったらどうぞ。(もし不都合があれば、連絡下さい。)
http://www.flickr.com/photos/74391213@N03/sets/72157629611998686/