中山ロードフェスティバル2012

今年は耐久じゃなくてロードレースだった。

去年、真夏の耐久だったけど、どちらかというとロードレースが好み。

真夏の耐久はソロで走ったけど、灼熱の中、熱中症気味になってDNF…。

あまりいい印象がない。笑


今回はレースで初めてパワータップホイールで走った。

ここ最近練習できていないし、めちゃめちゃ力を入れているレースでもないので、無理してせめずに安全第一とデータ取りを優先。

中山クリテでは二年連続落車していて、毎回怪我をして帰っていたのでレース前に「安全第一に」、とメールが入っていた…。笑


まず、チームT.T。

一周を3人の合計タイムを競う。

スタート前に誰がどこを引くのか簡単に決めていた。

スタートしてF田さんが、クリートキャッチに手こずっていてそれを気にして出遅れる。

三人で行かなきゃ!と思い少し緩める。

登りの前に合流して、兄ちゃん先頭で登る。

平坦区間だけでもと思って、前に出る。

しかし、インナーに入ったままであまりスピードに乗り切っていない…。

下りでまた兄ちゃん先頭でゴール。

タイムは三人とも揃っているけど、感触的にはすごくイマイチ。

なんというかチームが生きていない…。笑

最初からバラバラでもがきあいをしたほうがよかったのかも。

チームTTはサイコンスタート忘れてた…。

なんのためのパワータップなんだろうか…。


続いてU30のクラスは20人ちょっとで8周のレース。

1周目の坂で島大の子がアタックをしてペースがあがる。

なんとか集団に残るが、登り切った時には既に辛い…。

2周目の坂で集団なのに敢え無くツキ切れ。

なんともあっけない展開。

全然反応できず…。

兄ちゃんは喰らいついていったけど。

あとは一人旅。

でもペースは変えないように走る。

下りで脚を休めて後はがんばるイメージ。

終盤で集団から落ちてきた2人をパス。

最終周の下りで周回遅れの人に抜かれた。

このままは悔しいので、コーナー抜けてスプリントで差して終了。

あとで見ると久々に1000W出てた。

それでも結果は無念。


【中山ロードフェスティバル U30 7位】
26分06秒 32.0km/h 245W(xP259W) 177/186拍 91rpm


レースを終えて、チームのピットに戻るが誰も居ない。

本部の方へ向かってみると兄ちゃんが手当てされていた。('_')

全然気が付かなかったけど、落車していたみたい。

おろしたてのチームジャージはボロボロ。

自転車を見るとフロントフォークが逝っていた。

ほぼ1周クラックが入っていた。orz

人の落車でも見るとへこむ…。

そういえば、兄ちゃんがマジで落車したのは初めてかも…。

いつもはスローペース時の不運な落車はよく見ていたけどな。

二本目のCCD杯には出れる感じでもないので兄ちゃんはDNSしていた。


僕とF田さんは気を取り直して、CCD杯へ。

二人ともそれぞれのカテゴリーで7位だったので、1部決勝へは行けず2部決勝を走る。(6周)

120819-140019

今度はちゃんと集団で走る。

U30の時みたいに何度もアタックがないので、集団内で走れた。

みんな脚を溜めようとして中々動きがないまま残り2周。(確か5〜6人ぐらいだったかな?)

完全にツキイチだけど辛い自分。(情けない…orz)

登りで高校生がアタックして、集団も追うようにペースが上がる。

ラスト周回に入って登る前に捕まっていたかな?

そこから今度はTRAPの人がアタック。

F田さんが反応してついていく。

ここで1位と2位がほぼ確定。

後は3位争い。

高校生はアタックで疲れていてあまり伸びず、FREESPEEDの人は少し遅れてついていく。

全然反応できていない僕はその背中を追いながら走る。(あー、情けない…)

平坦区間でなんとか距離を縮めようと走るが少し縮まるぐらいで追いつかない。

下り始めて、高校生を捉えれそうになったが、気づかれて逃げられる。

そのまま距離が埋まらず、いいところがないままゴール。


【中山ロードフェスティバル CCD杯#2 5位】
18分37秒 33.7km/h 246W(xP266W) 180/188拍 90rpm


今まで走っていたコースをこうやってパワーで客観的に見ると面白い。

えっ!ここってこんなにパワーが出てたの?とか新しい発見がある。

率直にいうと、今までの練習じゃ、そりゃ走れんわなって数字。

沢山の課題ができて、いい勉強になった一日。

120819-141352(2)

F田さんは2部決勝で2位になっておめでたい。

120819-151923

うちのチームで唯一の表彰状。

O50やU50の人もバリバリ走っているのを見ると、まだまだ出来るはずとがんばる力をもらえる。

さて、シーズン後半がんばっていこう!