ヒルクライムin大山2012

少し忙しくてブログ更新が滞っていたけど、今日はイベントがあったので鮮明な内に記録しておく。


今日はヒルクライムin大山。

前に出たのは3年前。

その時は自転車を始めたころで、イベントの時ぐらいしか乗ってなくてゴルフ場の坂を34-27Tでヒーヒー言いながら登っていた記憶がある。

リザルトを振り返ってみると、48分34秒だった。(笑)

ちなみに順位は48位。(兄ちゃんは49位)

この年は看板のT字路まで上がる手前を枡水方面へ行ったところがゴールだったので少し短めだったはず。

そういえば、hayashiさんやリーダーの名前もあった。

ってかこの頃からhayashiさんは一ケタ順位。

凄いですね。



前置きはこのぐらいにしておいて、そろそろ今日のことを。

会場から駐車場が遠くなるのを避ける為、少し早めの8:30前に現地着。

駐車場はまだまだ余裕。

ローラーは準備していないので、受付と準備を適当に周辺を走ってアップをする。

20分ぐらい少し汗ばむ程度。


僕はエキスパートクラスの1組目でスタート。

半数が知り合いの中でスタート。

序盤はhayashiさんが積極的に牽いていた。

自分にローテが回ってきた時には先の事を考えてあまり牽かずに後方へ。

最初の急斜面区間に入ってもペースは落ちない。

少し中切れしたけど、まだ追いつきそうな雰囲気なので慌てずマイペースで追いかけて、下りに入る手前で無事に合流。

この坂の途中で2組目の世界Jrの選手が颯爽と全員を抜き去っていく。

あまりにも次元が違いすぎて、誰も追わない。


僕はガーデンプレイス手前で早くも集団から脱落する。

集団は10人ぐらいだったのかな?

ここからは自分との戦い。

前に見えるのは同じように集団から切れている粉さんとリーダー。

どこかで抜きたいと思いながらもそんなペースがあげれず、距離が変わらないまま。

ゴルフ場手前で2組目の兄ちゃんにあっという間にパスされる。

やっぱり速い…。

ゴルフ場の急坂でようやく粉さんを捉えて、次の目標はリーダー。

通過位置でタイム差を確認する5〜6秒差。

意外と遠く見えても、意外と近い。

看板手前でようやく捉えた。

しかし枡水の左折手前で路肩に寄せる車に引っ掛かっているところを簡単パスされていく。

ようやく先行できるかと思ったけど、また振出に…。笑

ここからもそこそこキツイ斜度が続く。

リーダーが目の前に居るのでさっさと捕まえたいけど、中々差が埋まらない。

後ろを振り返るとF田さんが見えているので少し焦る。

もう見えているのでタイム的には負けていると思うが、1分差以内にしておきたい。

一ノ沢あたりでリーダーを捉えてパスする。

ちょうど下りに入るところだったので、すぐに追いつかれると思ったけど、追ってこないので一安心。

あとはF田さんから逃げ切るのみ。

そう思っていたら気がつけばゴールだった。

なんとか逃げ切って終了。


待機場に着いてタイムを止めたのが1時間00分25秒(19.14km 19.0km/h 178拍 獲得標高935m)

なので、正式タイムはそれより少し早いぐらいかな?

調子は比較的良くて、自分の持っている力は出せたと思う。

なので、前の人達との差は完全に実力差。

またがんばろうっていうきっかけをもらえたのかな。

レースに出るたびも毎回思い知らされているが…。

ま、またがんばるぞー。

今シーズン残すレースは来週の県ロードのみ。

来週も楽しみだな。


あっ、おまけで米鳥間駅伝が残っていました…。笑