パワータップ依存症から脱却

気温がグッと下がって朝は寒い。

 

とても外練をする気温じゃない。

 

気温がマイナスになってる…。

 

 

昼前になって暖かくなってきたので兄ちゃんと外練へ。

 

最近、身の回りのものに一気にガタがきて、今度はバイクセンサーが不調。

 

センサーが動いたり、止まったり。

 

そのまま進むけど、もうさっぱり。

 

途中からバイクセンサーを切って、GPSに切替えて走行。

 

パワーだけじゃなくて、ケイデンスも取れない。笑

 

ま、バイクセンサーは電池切れかな?

 

 

・外練

1時間10分16秒 32.62km 27.8km/h

 

 

ペースはそれほど上げすぎないように走る。

 

初っ端から飛ばして、残りの休みで練習出来ないのも悲しいしね。

 

周りは雪景色。

f:id:tsumutsumu2:20130209110609j:plain

 

 

ここ最近パワータップが不調になってからパワーなしで練習してるけど、妙に気持ちが楽になった気がする。

 

なんというか走ることが純粋に楽しい。

 

別に前が楽しかったわけではないけどね。

 

最初はパワーが見えないことで不安な気持ちになってストレスだったけど、今となってはむしろ快適。

 

パワーが出すぎてるからセーブしようとか、もっとパワーを出さなきゃっていう縛りがなくなったから、走ることだけに集中できていい。

 

自分がどれほどパワーに依存して走ってたかを改めて気付かされた。

 

慣れって怖いね。

 

僕の性格的に、パワーが出ていないとどうして出ていないんだ?もっと出来るはず!と、どうしてもストイックになりがちな傾向がある。

 

なんというか上手く活用できていない感じがある。

 

 

パワータップの修理が終わったら、練習後に参考に観る程度にしてみようかな。

 

指標としては全体を客観的に観るのはいいと思うけど、常に監視をするのは控え目にしとこう。(特に外練の場合)

 

ただ、ローラーでメニューをする時は確実にあったほうがいいと思うけどね。

 

ま、なんというか、結論としてはもっと気楽にやっていこうと思う。